臨床工学技士の求人動向|iDoctor臨床工学技士

TEL:0120-936-520

臨床工学技士の求人動向

1.臨床工学技士の転職の実情

臨床工学技士の資格は、1988年の臨床工学技士法の施行によってスタートしました。したがって臨床工学技士の人口はほかの職種に比べて少なく、看護師が約100万人、薬剤師が約30万人いるのに対し、臨床工学技士の資格取得者は全国でも2~3万人程度です。そのため、臨床工学技士の需要は高く、今後も増加しいていくことが予想されます。
近年は医療機器の進歩がめざましく、また医療機器の保守点検の義務付けなどが進み、医療機器の操作および管理に関する高度な知識・スキルが必要とされるようになっています。機器の誤った取り扱いによる医療事故を未然に防ぐために、臨床工学技士を求める病院・施設が数多くあります。実際に、医療事故が起こったあとに臨床工学技士を採用した施設もあることから、臨床工学技士の需要の高さ、そして寄せられる期待の大きさがうかがえます。

一方で、『透析』についてのみ言及すると今後透析患者が増加しないため、透析クリニックなどは減少し、求人は少なくなるといった見方もあります。1966年の調査開始以来、日本の透析人口は一貫して増加しており、2011年末に30万人を超えたものの、2005年より増加率が鈍化し、わが国の透析人口の年間増加率は2015年~2016年に0%、つまり透析人口の増加が停止する見込みだと言われております。こうした状況から臨床工学技士として将来必要とされる人材になるためには透析以外のスキルを身につけることが必要になってくるかもしれません。

2.臨床工学技士の転職先

臨床工学技士の主な就職先としては、病院やクリニック、厚生労働省の機関、民間企業、教員職、研究職など多岐にわたっています。ですがほとんどの方は病院・クリニックへ就職します。また『施設形態による業務の違い』については前章でお話しましたが、病院やクリニックで募集されている場合の業務内容としては、透析業務、人工心肺業務、心臓カテーテル業務、高圧酸素業務などです。これら全ての業務を行っている病院もありますが、透析専門・循環器専門で業務を行っている病院もあります。したがって自分が携わりたい業務によって病院を選ばなくてはなりません。また業務の種類によっては、求人数の少ないものもあるので注意が必要です。

病院で業務経験を積んだ場合、認定技士という資格を取得しキャリアアップを図ることができます。認定技士の資格を保有することによって、病院での仕事の幅を広げ、転職時にも有利に働くことがあります。主任や技士長といった役職に就くこと以外にも、こうした資格取得によって自身の可能性を高めることができますので、ご検討してみてはいかがでしょうか。

また、臨床工学技士が民間企業に就職するケースもあり、主に医療機器メーカー、商社に就職します。民間企業では、製造開発業務だけでなく営業を担当することもあり、本人次第で様々な業務経験を積むことができそうです。こちらについても前章『施設形態による業務の違いについて』をご参照下さい。

3.臨床工学技士の施設形態による求人の違い

給与について

病院とクリニックを比較すると、基本給についてはクリニックの方が高いようです。しかし病院ではオンコール・当直・夜勤がどの程度あるかどうかによって、手当が変わってくるため給与が高くなるケースが見受けられます。またクリニックでも準夜勤や残業の多い場合、準夜勤手当や時間外手当てがつき、給与が高くなることがあります。首都圏の一般病院での経験3年程度の方を目安にしますと年収350~450万程度が平均的です。
民間企業の中では、医療機器メーカーに勤務する臨床工学技士で年収400~450万+残業代が平均的といわれています。勤続3年以上になると年収500万円以上も見込めますので、大幅な年収アップを臨むことが可能です。

勤務体系について

病院・クリニックはシフト制または曜日固定休となっており、完全週休2日制または4週6休制や4週8休制となっております。病院は当直がある場合には、日勤帯、夜勤帯の二交代制が一般的です。またオンコールがある病院もあります。それに対し、クリニックは年間休日については年間120日というクリニックも見受けられ、クリニックにもよりますが、比較的休日を取りやすい職場となります。また透析クリニックでは、慢性期の治療なので、オンコールや当直がなく、落ち着いて就業することができます。
企業は年間休日120日以上や、土日祝日休みなど安定した勤務体系となります。ただし、医療機関とは別のルールや常識があり、繁忙期や納期などの関係で残業が発生することもあります。

以上のように、臨床工学技士と一言に言いましても将来性・給与・勤務体系・業務内容など様々な違いがありますので、注意が必要です。迷った際は弊社コンサルタントまでご相談頂ければ幸いです!精一杯サポートさせて頂きます!


会員登録してコンサルタントに相談する

転職お役立ち情報

転職成功の秘訣
転職成功の秘訣についてお話します。まずはここから!
臨床工学技士の給与相場
臨床工学技士の気になる給与相場について。
臨床工学技士の求人動向
求人動向 現在の臨床工学技士の求人動向について。
転職成功事例
実際に転職に成功された臨床工学技士さんのアンケートをご紹介します。
必見!履歴書の書き方
どんな些細な面談・面接であれ履歴書を持参するのは必須です。
魅せる職務経歴書の書き方
職歴が多い人は職務経歴書も用意しましょう。
失敗しない面接対策
面接前の準備はこちらをチェック!